スタジオ・リハーサル

池袋GATEWAY Gスタジオ / 12th April 2012
演奏曲
・Tie Your Mother Down - LIVE KILLERS version
・Now I'm Here - LIVE KILLERS version
・Let Me Entertain You - LIVE KILLERS version
・Son And Daughter - SHEETKEECKERS version(Boot LP)



動画編集:ソルジャー・テイラー



プレイヤーの感想

ソルジャー・テイラー
「Son And Daughter/SHEETKEECKERS version」。この曲のGソロの前後のリズム体のコンビネーション、特に前半は後期では絶対見られない初期のロジャーのドラムの「意地」みたいなフレーズがたくさんあって、 それを「出音」だけではなく、実際に動画で確認できるロジャーが行なっている「ストローク」もコピーしようとしました。ですが、かなり難しかったですね。普通じゃないんで(笑)。 エアドラムで練習しましたが、それだけでは追いつかなかった。で、ン十年ぶりに個人練習に入りました。でも実際のリハでは、その数分の一くらいしかできなかった。これに匹敵するのは「Keep Yourself Alive(初期)」のドラムソロかな。
まずは初回だったので、この先は精進あるのみです。





ホヤビー・メイ
1974年、SHEETKEECKERS。QUEENがまだ緊張感いっぱいでプレイしています。ブライアンはその後完成されるギターソロの基礎部分を真剣に弾いていますね。 ソロの音は低音重視、パワー感いっぱいでジミヘンの影響が強く感じられます。
今回は、動画を参考にしながら完コピを目指しました。ブライアンの手癖いっぱいのフレーズはコピーしていて多くの発見がありました。
まさか、こんなフレットを使っていたなんて・・・。





イナン・ディーコン
私は「Son And Daughter/SHEETKEECKERS version」は正直知りませんでしたが、強烈にカッコいい曲ですね。当然演奏も容易ではなく、「ジョンがこんなに熱いプレイをするのか!」と何度も驚きながら、弾いた事を思い出します。
特に気を使った部分は、曲の最大のインパクトである「重厚感」を表現する事と、「ロングトーン」と「ハネる音」の切り替え、いわゆる「メリハリ」を表現する事でした。ハネる為には常に16分音符を意識する必要があり、妙な緊張感がありました。
ジョンの演奏は奥が深い…。





見学者からのコメント
● 『Son and Daughter/SHEETKEECKERS version』、お世辞抜きに凄かったです。
本当に刺激を受けました!
今回、初めてFLASH!さんのリハを見させていただいたんですが、ソルジャーさんが、「ボーカルはまだなんですよ。ただ、今は考えを変えてます。確かにバンドでライヴをやるためにって事を目標にしてきたところもありますが、 ライヴをやらなくとも、活動し続けている事が重要なのではないかと。FLASH!は、ライヴ=バンド活動、という概念を取っ払って、今いるメンバーで行っていること=バンド活動、と考えるようになりました。」と仰っていました。
バンドとしての意義って、たしかにそうだなと思いました。
ライブをやって、がっちり集客して、見てもらうってのも、もちろん望ましい活動だとは思うのですが、逆にそれ以外の活動ってのがないのか・・元々は自分たちが敬愛するアーティストの曲を演奏して楽しむのが目的じゃなかったか・・とか、 いろんな考え方がありますよね。
自分もソルジャーさんの考え方に、大いに同意した次第でした!

● 久しぶりにスタジオに入って現場の臨場感みたいなのをひしひしと感じました。ボ−カルがいなかったせいでむしろ演奏陣の質の高さが際立ったような気がします。
『Son and Daughter』、好きな曲なのでホント感動でした




HOME